本日より開催「牛首紬 伝統の新たなかたち 展」金沢・石川県政記念しいのき迎賓館にて

新製品の発売
〜 ARLNATA × 牛首紬 SPECIAL COLLECTION in KANAZAWAしいのき迎賓館 〜

STUDIO ALATA(本社:大阪府、代表:寺西俊輔)は、牛首紬の反物から洋服のオーダーが出来る「ARLNATA × 牛首紬 SPECIAL COLLECTION in KANAZAWAしいのき迎賓館」を、本日2020年12月11日(金)~12月13日(日)まで開催いたします。(PRTIMES)
【URL】 https://arlnata.com「エルメス」出身の日本人デザイナー、寺西俊輔氏による新ファッションブランド「ARLNATA(アルルナータ)」は、牛首紬をメイン生地として採用した2019年4月の東京でのデビューコレクション以降、各地で発表会を開催してまいりました。

今回、日本の伝統技術の新たなかたちを発信するプロジェクトとして「ARLNATA」が牛首紬の織元「白山工房」と共に、牛首紬の反物からお洋服へのお仕立てができるコラボレーション発表会「ARLNATA × 牛首紬 SPECIAL COLLECTION in KANAZAWAしいのき迎賓館」を、ホームタウンの金沢にて、本日12月11日より開催いたします。

 この発表会は、着物を仕立てる時と同様に、反物をお客様と一緒に吟味するところから始まり、洋服のお仕立てをご希望する場合は、サンプルデザインの中からアイテムを選び、購入した反物を使ったオリジナルアイテム(レディス4型、メンズ3型)のお仕立てができる、「自分だけの1着」を誂えるオーダー企画です。

牛首紬ー螺鈿織シャツコート牛首紬ー螺鈿織シャツコート

牛首紬ー螺鈿織クラシックシャツ牛首紬ー螺鈿織クラシックシャツ
夫婦や友人同士、親子でのシェア、子供や孫へ、または両親へのプレゼントなど、特別な一着を自ら選んで作ることができます。

牛首紬からのオーダー品以外にも、他産地の着物を使った作品や直接お買い上げいただけるコレクションもご用意しております。

久留米絣とニットを組み合わせたケープ、ラップスカート(受注生産)久留米絣とニットを組み合わせたケープ、ラップスカート(受注生産)

友禅を施した丹後ちりめんとニットを組み合わせたカーディガン(受注生産)友禅を施した丹後ちりめんとニットを組み合わせたカーディガン(受注生産)

「ARLNATA」ディレクター寺西俊輔氏と牛首紬「白山工房」の西山博之氏「ARLNATA」ディレクター寺西俊輔氏と牛首紬「白山工房」の西山博之氏

牛首紬は霊峰白山の自然の恵みのもと、旧牛首村(現在の白山市白峰)に800年以上の昔から伝わる伝統の織物で、日本の三大紬の一つとしても認められています。

二頭の蚕が共同で一個の繭を作り上げたものが「玉繭」と呼ばれ、牛首紬はこの「玉繭」から生まれます。そして「玉繭」を煮込み、手作業で糸を紡ぎ出す「のべびき」という糸取りの伝統技法こそが牛首紬の命なのです。2本の糸が絡み合うことでできる糸の節が、2つとして同じものがない、特徴的な表情を作り上げます。

左が通常の繭、右が二頭の蚕で作られた玉繭、下が牛首紬。玉繭から挽いた玉糸が織りなす横方向の節が大きな特徴左が通常の繭、右が二頭の蚕で作られた玉繭、下が牛首紬。玉繭から挽いた玉糸が織りなす横方向の節が大きな特徴

糸取りの伝統技法「のべびき」と工房での手織りの様子糸取りの伝統技法「のべびき」と工房での手織りの様子牛首紬は着物生地としてだけではく、欧米の有名ファッションブランドからも注目され、パリ・オートクチュール・コレクションに採用されるなど、海外でも高い評価を受けている素材です。玉繭から作られる牛首紬は、軽く柔らかで、身体に馴染みます。会場で試着し、その感覚を感じていただきたいです。

牛首紬の反物(今回出品されないものも含まれます)牛首紬の反物(今回出品されないものも含まれます)今回のイベントでは、金沢城趾を望む「しいのき迎賓館」で、昨年より更にバージョンアップした新作の数々をご覧いただけます。日本の伝統生地で世界に羽ばたくARLNATA(アルルナータ)と牛首紬の世界を、この機会にご堪能ください。

しいのき迎賓館外観しいのき迎賓館外観

しいのき迎賓館しいのき迎賓館
「ARLNATA」ディレクター 寺西 俊輔 プロフィール

「ARLNATA」ディレクター 寺西 俊輔氏「ARLNATA」ディレクター 寺西 俊輔氏
京都大学建築学科卒業後、YOHJI YAMAMOTO 入社。生産管理・パタンナーを経て、イタリア・ミラノに渡る。CAROL CHRISTIAN POELL チーフパタンナー、AGNONA クリエイティブディレクター STEFANO PILATI 専属3Dデザイナーとして経験を積んだ後、HERMÈS入社、フランス・パリに移る。

アーティスティックディレクターNadège Vanhée-Cybulski の下、レディスプレタポルテの3Dデザイナーとして働いた後、2018年日本に帰国し伝統産業の新たな価値を発信することを目的とした STUDIO ALATA を設立、「装い」を提案するライン ARLNATA (アルルナータ)を立ち上げ、主に伝統的な着物をテキスタイルとして扱い、それを用いた和装・洋装の両面で提案する。

【「牛首紬 伝統の新たなかたち 展」実施概要】

イベント名:牛首紬 伝統の新たなかたち 展 

「ARLNATA × 牛首紬 SPECIAL COLLECTION in KANAZAWAしいのき迎賓館」

開催日:令和2年12月11日(金)~12月13日(日)

午前10時より18時まで ※最終日は17時閉場

会場名:石川県政記念しいのき迎賓館 ギャラリーA

          石川県金沢市広坂2丁目1-1

アクセス:(住所と最寄り駅からの所要時間)

ARLNATAアルルナータについて

ARLNATA (アルルナータ)は、現代のライフスタイルに合わせたモノづくりを通じ、伝統技術の新たな価値を発信するプロジェクト。

「新た(ARATA)(ALATA)」と「あなた(ANATA)」を掛け合わした造語で、ARLNATA に関わるあなた方一人一人と共に、この輪を育てて行きたいと言う意思を表している。

デザイナー寺西俊輔が着物の美しさを初めて認識したのは、パリの世界的なテキスタイルの展示会・プルミエールビジョンだった。精緻な柄を産み出す素晴らしい技術と職人の手仕事への畏敬の念。これほどの存在が限られた人にしか知られていない事実。そしてそれらの存続が危ぶまれている現状。

受け継がれてきた大切なこの国の資産である伝統織物を、現代のライフスタイルに合った形で発信し、存続させていくための方法を探り、日本だからこそ可能なラグジュアリーの価値を問い続けている。

2019年4月、三大紬とも呼ばれる大島紬、結城紬、牛首紬 からスタートしたのは、一見質素に見える紬地の中に、高い精神性を持つ人たちの手仕事がちりばめられていることに惹かれたからだ。

【会社概要】

会社名:STUDIO ALATA合同会社

URL:https://arlnata.com

会社名:牛首紬・<白山工房>

URL:https://ushikubi.co.jp

【お客様からのお問い合わせ先】

ARLNATAアルルナータ

e-mail:info@arlnata.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です