「着物としてはもう着ないけれど、捨てるのはもったいない……。」それなら、リメイクして新しいお気に入りに仕上げましょう!『毎日着られる 着物リメイク』10月15日発売

きものメディア情報
昔の人は、一枚の着物を季節ごとに縫い替えて着ていました。現代の私たちも、リメイクすることで日本で培われてきた着物のよさを肌に触れてあじわうことができます。

株式会社日本文芸社(東京都江東区)は『毎日着られる 着物リメイク』(志水美香 著)を2020年10月15日(木)より全国の書店・オンライン書店等で発売いたします。(PRTIMES)

『毎日着られる 着物リメイク』『毎日着られる 着物リメイク』

着物としてはもう着ないけれど、捨てるのはもったいない……。
着物を何かに作り替えたい方へ、いろんなアイテムをご提案。


正絹の小紋や紬は、おしゃれ着に。洗濯できる木綿や麻、浴衣は、夏のおしゃれ着や普段着に。
着物ならではの質感や素材を生かしたアイテムを紹介します。


反物の細長い形はそのまま、型紙を使わない直裁ちで、まっすぐ縫いがうれしい。素敵なデザインが簡単に縫えるのもポイント。
ストレートのシルエットが美しい、ジレやロングブラウス。リボンでウエストをしぼったワンピース、ブラウスやジャケット、ゴムのギャザースカートやパンツなど、デザインも豊富です。

もとの形を生かした甚平や割烹着などもあるので、浴衣など、手頃なものから始められます。
少しの用尺でできる、お弁当包みやマスク、エコバッグなどの小物も充実。
着物リメイクの基礎知識では、着物の種類、直裁ちの方法から手縫いの基礎まで、写真と図解で丁寧に解説します。
着物地は基本的にミシンで縫いやすい生地ですが、ミシンが苦手な方や縫いにくい風合いのものは、手縫いにチャレンジしてみても。


おしゃれな普段着に、お出かけ着に。眠っていた着物地が、毎日着られる服に大変身。あなたのリメイクソーイングに役立つはずです。作って、着てみたくなるリメイクデザインが満載です。
 

後ろリボンのブラウス(綸子、梅小紋の着物から)と、カシュクールパンツ(木綿の着物から)後ろリボンのブラウス(綸子、梅小紋の着物から)と、カシュクールパンツ(木綿の着物から)

シャツワンピース(藍型染めの浴衣から)シャツワンピース(藍型染めの浴衣から)

リボンワンピース(色無地の着物から)リボンワンピース(色無地の着物から)

コート(男性用の麻の着物から)コート(男性用の麻の着物から)

クルージネックジャケット(古い紬と袷の着物の裏地から)、前フリルスカート(格子柄の紬と無地の御召から)クルージネックジャケット(古い紬と袷の着物の裏地から)、前フリルスカート(格子柄の紬と無地の御召から)

お弁当包み(表地は久留米絣、裏地は浴衣から)、エコバッグ(木綿と浴衣から)お弁当包み(表地は久留米絣、裏地は浴衣から)、エコバッグ(木綿と浴衣から)

  • 編集担当から

着物とひとくちに言っても、絹の着物と木綿や麻の着物では、お手入れの仕方が全く違います。洋服も、シルクのワンピースはクリーニングに出すし、コットンのシャツやパンツは洗濯機で洗う。

ぜひ、リメイクした服をどんなシーンで、どんな頻度で着るのかイメージしてみてください。

色や柄だけでなく、同じ絹でも、紬は張りがあるのでAラインがきれいに出ます。小紋や色無地などのやわらかものだと、とろみや落ち感がきれいに出ます。正絹の着物は洗濯できないので、リメイクしてもヘビーローテーションのアイテムにはなかなかなりにくいのが難点。もとの風合いを生かしたいなら、リメイク後もクリーニングに出すおしゃれ着に。

でも、もう捨ててもいいと思った着物なら、一度洗濯して、縮んだり風合いが変わったりしたのを確かめてから、リメイクしてもいいかもしれません。おしゃれ着洗剤で手洗いするとしても、自宅で洗濯できるとわかっただけで、リメイクの幅も広がります。

素材のよさは保証付き。せっかくリメイクしたなら、毎日でも着たいですよね。

  • 本書の目次

○着物をリメイクする前に
A 後ろリボンのブラウス
B カシュクールパンツ
C エプロンドレス
D Vネックワンピース
E 前タックワンピース
F クラッチバッグ
G カシュクールワンピース
H ロングジレ
I エプロンスカート
J カフス袖のブラウス
K シャツワンピース
L お仕覆風ポーチ
M マスク
N お弁当包み
O エコバッグ
P リボンワンピース
Q ネック片身変わりブラウス
R リボントップスとタイトスカートのセットアップ
S コート
T 巻きギャザースカート
U 前フリルスカート
V クルーネックジャケット
W 巻きスカート
X タイトスカート
Y 甚平
Z 割烹着
○着物リメイクの基礎知識
○HOW TO MAKE

  • 著者プロフィール

志水美香(しみず・みか)
文化服装学院服飾専攻科 デザイン専攻卒業後、株式会社コムデギャルソンにパタンナーとして入社。その他のアパレル会社勤務を経て10年で独立。屋号『晴ル屋』(ハレルヤ)として、フリーランスのパタンナーを中心に活動するかたわら、オリジナル作品制作やオーダーメイドを手掛ける。オリジナルでは、天然素材の草木染めや、日本の布を使用し、心と身体に優しい手作りを心がけている。

インスタグラム @hareruya_tezukuriya
手作りネットショップ https://www.creema.jp/c/hareruya

  • 書誌情報

書名:毎日着られる 着物リメイク
著者:志水美香
定価:本体1,500円+税
判型:B5変型判
頁数:80P
ISBN:978-4-537-21837-4
発売日:2020年10月15日
https://www.nihonbungeisha.co.jp/book/b544318.html
*電子書籍もございます

  •   書籍の購入はこちら

【amazon】
https://www.amazon.co.jp/dp/4537218371/
【楽天】
https://books.rakuten.co.jp/rb/16424898/

  •  関連サイト

手工芸を中心に美しいことやものを紹介する「つくりら

【つくりら公式】
https://www.tsukurira.com/
【つくりら公式Facebook】
https://www.facebook.com/tsukurira/
【つくりら公式Instagram】
https://www.instagram.com/tsukurira0714/

  • 日本文芸社について

日本文芸社は、出版やデジタル配信で「人の心・身体・暮らしを元気に、楽しく、前向きに輝くようにする」コンテンツ創造カンパニーとして社会に貢献することを理念に掲げています。

【会社概要】
代表者:代表取締役社長 吉田芳史
所在地:〒135-0001 東京都江東区毛利2-10-18 OCMビル
設 立:1959年1月
資本金:467百万円
従業員数:67名(2019年3月31日現在)
コーポレートサイト:https://www.nihonbungeisha.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です